須崎市アンテナショップ まっこと!須崎

「まっこと!須崎」は、
須崎市の魅力を伝えるための拠点として
誕生しました

知ってほしい!須崎の魅力

潮風を感じながら
望む太平洋は
雄大で美しい

土佐湾中央部に位置し、東側へ突き出た横波半島は、リアス式海岸を持つ「横浪県立自然公園」として指定されており、高知有数の海岸景勝地のひとつの横波半島には、四国八十八箇所三十六番札所の青龍寺や「土佐の宮島」と称される国指定重要文化財の鳴無神社があり、海に向かって延びる参道からは内湾を望むことができます。

北に面 する穏やかな浦ノ内湾は、寄せる波が横方向へ約12キロ(三里)広がることから「横波三里」と呼ばれ、湾内には巡航船が運航し、お遍路さんや観光客にも人気です。

ほかにもウェイクボードやジェットスキーなどのマリンスポーツも楽しめ、半島の南側は太平洋に面して縦走する横波黒潮ラインからは太平洋の美しく雄大な黒潮が望めます。

須崎の海

高知県唯一の漁獲量
須崎の魚

須崎沖の定置網や釣漁業などにより魚市場に水揚げされる魚介類は、朝どれのカツオ・アジ・カンパチ・ブリ・イセエビ・ハモ・ウツボなど、その種類の多さは全国でもトップクラス。

季節限定で食べられるメジカの刺身も人気を集め、鮮度抜群の魚貝類一年を通じて新鮮な魚を当店でお楽しみください。

須崎の魚

本場土佐で味わう鰹のたたき
鰹のたたき

当店では鮮度と品質にこだわり脂の乗った旨い鰹だけを使って、皮目はいっきに高温で焼き上げ香ばしく、身はレアの状態に仕上て鰹本来の旨みをぎゅっと閉じ込めました。

本場土佐ならではの味覚をお楽しみください。

鰹のたたき
鰹のたたき
鰹の塩たたき

タレたたき

当かつおのうまみと香りが加わり、まろやかな味わいの土佐酢のたれに薬味の万能ねぎ、おろし生姜、ニンニク、大葉、みょうがなどと一緒に自分好みでお楽しみください。
食べ方にルールはありません。
それが本場土佐流の食べ方です。

塩たたき

焼きたての温かいたたきに粗塩をふり豪快にいただく塩たたき。
元々は土佐の漁師たちが釣ったばかりの規格外の鰹をサッと炙り、塩をふって食べていたのが始まりと言われております。
鮮度のいい鰹だからこそ味わえる逸品です。

かつお本来の甘みと香ばしい焼きの風味をお楽しみください。

ぷるっぷるのコラーゲンたっぷり
うつぼ

うつぼ

須崎では、古くから食されてきたウツボ。
海のギャングと呼ばれるその獰猛な外見からは想像もできないほど、クセがなく淡白まで上品な味。

たたきと唐揚げが一般的な食べ方で、身と皮の間にはゼラチンが豊富でコラーゲンがたっぷりです。

見た目にも美しく味もギュッと濃厚
長太郎貝

長太郎貝

長太郎貝はホタテの仲間で、一般的には「緋扇貝(ヒオウギ貝)と呼ばれ、高知では「長太郎貝」という呼び方で親しまれています。

オレンジ、ムラサキ、赤など、カラフルな色が特徴で実に鮮やか。
ヒモはコリコリとした食感で、貝柱は上品な甘みが口いっぱいにひろがります。

良港のそばに旨い干物あり
須崎の干物

須崎の干物

須崎漁港の近くでは、獲れたてで、新鮮な旬の魚を使用した干物を作る店が軒を連ねています。
その店独特の製法があり、イワシやウルメ、しらすなど、おなじみの干物から、うつぼやからすみなどの変わりものまで、いろいろな干物が作られています。

日本一熱いご当地ラーメン
須崎名物鍋焼きラーメン

半世紀前に生まれた、須崎の路地裏グルメ
須崎で生まれ50年近くの間地元の人々に愛され続けてきた須崎の鍋焼きラーメン。
濃厚な鶏ガラだしに醤油ベースのスープが細めのストレート麺にからみ、一度食べたらクセになる美味しさです。

鍋焼きラーメン

須崎市アンテナショップまっこと須崎

まっこと!須崎 店舗
まっこと!須崎 店内
まっこと!須崎 店内
まっこと!須崎 店内
まっこと!須崎 店内
まっこと!須崎 店内
住所 高知市帯屋町一丁目3-12KENTビル1F
TEL 088-855-8369
営業時間 10:00〜23:00(L.O 22:30)
makkotosusaki
テイクアウト注文サイトはこちら

まっこと須崎
居酒屋メニューはこちら

まっこと須崎 お品書き